スタッフ募集にご応募いただける方へ

このたびのスタッフ募集にあたり、基本的には既に当店を知って頂いている、ご来店頂いた事のある方々をイメージしていましたが、これからの出会いに期待する部分もある為、こちらに当店について簡単に書き留めさせて頂きます。

アンティークス・エデュコはアンティークの家具や雑貨を中心として、古物全般の販売・買取を行うお店です。

簡単に言えば、古いお宅やコレクターの方、店舗や業者の方からのご依頼で不要となった古い物を買い取らせて頂き、また時には業者市場や骨董市などで仕入れを行い、仕入れた物を仕立て直し、状態の悪いものには手を入れて新たな暮らしの元へと送り出す、といった事をしています。

10年程前のオープン当初は家具を専門的に扱っていましたが、現在では加えて小物類を幅広く扱っており、今の暮らしに合ったモノや次世代に受け継ぎたいモノをセレクトしています。

*

*

*

私たちはまず古い物が大好きと言う事もありますが、その根底には捨てられていく、消えていく場にあった古い物を活かす事、そこに新しい価値を加えて次の暮らしの元に受け継ぐという想いも持っています。

その為、いわゆる嗜好品としてのアンティークを専門的に扱うショップとはちょっとスタンスが違う部分も多くあり、仕事の内容も多岐に渡っていると思います。

扱い品については出来るだけ柔軟な視点を心がけており、西洋やアメリカなどのいわゆるアンティークやヴィンテージ、日本の古道具や骨董、アジアおよび世界各国の工芸品や民芸品、作家ものやデザイナーズプロダクト、数百年の時を経たものから近年のいわゆるセカンドハンズ品まで、本当に多岐に渡ります。

あまり前面には打ち出してはいませんが、商品の仕上げに関しては一定のこだわりを持って行っております。

アンティークの修復とは簡単に言うと当初使われていた時代の状態に戻す様な事ですが、エデュコで行っている仕上げは修復ではなくこの先も使い続けていける様にモノの機能を回復する修理であり、時には現代の暮らしにフィットする様にアレンジを施しより魅力的に仕上げるという事をしています。

もちろん仕事ですのでどんなものにでも手をかけられるという事はありませんが、場合によっては採算度外視で商品を送り出す様な事もしています。

店舗運営や販売手段などについてはまだまだ未熟な部分も多いですが、いろいろと試みながら時に成功し時に回り道もし、より良い可能性についての模索を行う、そんなフレキシブルな体制で業務を進めています。

今のエデュコで経験できる事、それはまず数々の魅力ある古い物に触れられるという事です。
素朴な魅力を持つ味わい深い品物や世界中から集まった珍しいもの、時には驚く様な希少なものとの出会いもあったりします。

日々意識的に沢山のものと接していると、物の見方が身に付いてきます。
素材や作りの良さ、デザイン性、文化や時代背景などの様々な要素を感じ取り、例えば何の変哲もない様な、薄汚れてゴミの様に見えるものでも、これは何か違うという事に気付ける様になってきます。

これはいわゆる目利きといった事でもあり、自身の審美眼や判断基準、ひいては暮らしにおける考え方や信条にも繋がると思います。

日の目の当たらない所にある良い物を自分の目で掬い出し、手を加え時には魅力的なカタチに仕立て直し、新たな暮らしに送り出し、再びそれを手にした方々に喜んで頂くというのは本当にやりがいの感じられる循環行為だと思います。

また、こういった少し変わった品々を扱うせいか、お客さまも個性的で魅力的な方がとても多いです。
物や暮らしにこだわりを持たれている方、お店や事業をされている方、物作りや表現をされている方などなど。
そういった方々と物を通じて色々な話が出来る事は、自分の人生を豊かにする一つの要素となっていると感じています。

少人数で運営している為、各々が一つの役割に留まらず柔軟に業務をしている部分もありますので、この業界を深く知りたい人にとっては様々な動きを見る事が出来るかもしれません。

ただ少人数だけに業務量も限られているので、やりたい業務そのものが出来るかといえば難しく、例えば家具の修理をしたいと言う求人問い合わせは日頃から多く頂くのですが、現在の業務内容ではそこまでの比重は無く、店舗運営に関する業務が中心となるかもしれません。

*

*

*

仕事の安定性としては、残念ながら大きな組織で勤める様な福利厚生や補償などの待遇はなく、強いて言えば小舟に乗る様なものです。

これは現時点では頑張っても変えられないのですが、なぜならそれは私たち運営側の人間も小舟に乗っているからです(オープン当初は笹船に乗っていましたが、現在はスワンボート位ですw)

もちろん同じ舟に乗って頂くにあたり出来る限りの待遇にてお迎えしたいと思っていますが、 労働条件としても一般的には決して良いものとは言えず、もしこの道1本で生活していく場合などにはそれなりのストイックさが必要になるかもしれません。

また、アンティークショップというと何となくお洒落でのんびりした雰囲気があるかもしれませんが、実際の業務は決して楽な内容ではありません。

とても地味な作業も多く、大きな家具や重い荷物の運搬、延々とパソコンと向き合う作業、埃や汚れだらけのものを掃除したり、家具修理に至っては、木に打たれた錆びた釘をひたすらほじくり出す様な地味作業(苦行?)の繰り返しだったりします。

それだけにある程度の覚悟もいりますし、古い物が好きという原動力、物に価値を与えて次の方に喜んで頂きたいという想い、この仕事に経験としての価値を感じて頂けるかという事も重要になってくると思います。

逆に言えば、アンティークや古道具といったものに特に興味のない方、こういった価値観を共有出来ない方にとっては就業は難しい仕事かもしれません。

私自身も下積み時代から長くこの古物業界の環境の厳しさも経験してきた為、あけすけに書いてしまった部分もありますが、実際にはやりがいのあるとても素敵な仕事、自分にとっては天職と感じています。

働く以上は生活の糧とする事はもちろんですが、ただの労働として捉えるのではなく、アンティーク・古物といった当店の商材に魅力を感じ、それを繋ぐこの仕事にやりがいを感じて頂ける方。

社会人として責任ある立場で業務に取り組め、フレキシブルな対応の出来る方。

チームとしてこれからのエデュコを盛り上げて頂ける方を求めております。

業務に意欲のある方はもちろん、将来の独立を考えていらっしゃる方も歓迎致します。

良い出会いがある事を心より祈っております。

アンティークス・エデュコ 代表 今井

コメント

タイトルとURLをコピーしました